オザキクリニック

オザキクリニックについて

多角的アプローチでお悩みを解消

オザキクリニックでは、美容外科・美容皮膚科・再生医療・美容内科の多角的アプローチで、患者さんの持つお悩みの解消にあたっています。また、医師だけでなく看護師、カウンセラー、レセプションに至るまで、各スタッフがチームとなって取り組むことによって、患者さんの機敏な変化にも対応できる医療が提供できるようにしています。

モニター募集制度

オザキクリニックでは、モニターとして施術を受けてもらう患者さんを募集しています。施術前後の写真を提供するなどの条件はありますが、通常よりも安価に治療を受けることが可能です。

どのようなモニターが行われているかについては、公式ホームページをご確認ください。

オザキクリニックの口コミ

こめかみとおでこの凹みに悩んでいました

こめかみやおでこの凹みが気になり、オザキクリニックのカウンセリングを受けました。費用を検討した結果、今回はとくに気になっていたこめかみのヒアルロン酸注射をお願いすることにしました。

施術は10分程度、術後から1週間を経過くらい。仕上がりには満足しているので、またお金を貯めたらおでこや頬もやりに行きたいです。

参照元:Googleの口コミ(https://www.google.com/search?q=新宿+オザキクリニック+口コミ&sa=X&ved=2ahUKEwjz19f9q73rAhXYF4gKHQhrDO0Q1QIoAHoECAsQAQ&biw=1876&bih=1066#lrd=0x60188cdbd5f3a67d:0xb0f5a7422e51cb16,1,,,)

頬の仕上がりがお気に入り

ボトックス注射後からほうれい線が気になるようになり、ヒアルロン酸注射をお願いしました。術後はほうれい線だけでなく、頬の上側もいい感じ。ほうれい線対策で利用して良かったと感じています。

参照元:Googleの口コミ(https://www.google.com/search?q=新宿+オザキクリニック+口コミ&sa=X&ved=2ahUKEwjz19f9q73rAhXYF4gKHQhrDO0Q1QIoAHoECAsQAQ&biw=1876&bih=1066#lrd=0x60188cdbd5f3a67d:0xb0f5a7422e51cb16,1,,,)

オザキクリニックの医師

オザキクリニック 理事長・羽村院院長小崎有恒院長

1983年に帝京大学医学部をご卒業後、帝京大学溝口病院に勤務。その後、西多摩病院で院長として6年勤務され、小崎クリニックを開院されました。

当初は内科・皮膚科のクリニックでしたが、患者さんの健康だけでなく美にも寄り添っていきたいという思いから美容医療にも進出。

それ以降は、美容医療の先を見据える新しい治療を積極的に導入してきました。まだまだ美容医療や美容皮膚科が今ほど浸透していない時から、ケミカルピーリングを導入したり、東京23区外で初めてフォトフェイシャルを導入したり、今ではメジャーなサーマクールの治療も早い段階で導入していました。

現在も、常に新しい美容医療を積極的に導入し、よりいい治療を患者さんに提供できるように、常に一歩先の美容医療を求められています。

経歴

  • 1983年 帝京大学医学部 卒業
  • 1985年 帝京大学溝口病院 勤務
  • 1992年 西多摩病院院長 就任
  • 1998年 オザキクリニック 開院

保有資格・所属学会

  • 日本臨床抗老化医学会
    (メソセラピーセラピー指導医)
  • サーマクール認定医
  • 国際抗老化再生医療学会 理事
  • 胎盤医療研究会
  • 米国アンチエイジング医学会
  • 米国先端医療学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • 点滴療法研究会

【クリニック3選】他の先生もチェックしたい方はこちらをクリック

オザキクリニックの医師紹介

中徳太郎医師

人のイラスト

美容に関するホームドクターのような存在でありたいという中医師は、2016年オザキクリニック 新宿院院長に就任しました。

一般病院での勤務後、美容外科の世界に転身された現在は、サーマクールの認定医として治療にあたる他、脂肪吸引や目まわりの手術、エイジングケアに関する治療などの外科手術を数多く手がけ、たるみの改善治療ではヒアルロン酸治療等も得意としている先生です。

そのほかにも脂肪吸引や脂肪注入など、症例数の多さや経験は目を見張るほどの幅広い実績です。そのため、どんな症例であっても対応できるドクターとして、多くの患者さんから信頼されています。

先生のコメント

患者さんのコンプレックスを長所に変えることをモットーにしています。

人の役に立つ仕事がしたいという思いから医師になり、今は患者さんのコンプレックスを解消して、一歩前に踏み出し楽しんでもらえることを目標にしています。

そのためには、患者さんのどんな要望にも臨機応変に対応できなければなりませんが、今まで手掛けてきた多くの経験が役に立つと考えています。また、身体への負担をできる限り抑えながらも、より良い 結果が出せるように患者さんの心と身体を第一に考え、治療には細心の注意を払って向き合っています。

朽木律子医師

人のイラスト

多くの女性から信頼される朽木先生は、2015年にオザキクリニック目黒祐天寺院院長に就任しました。

朽木先生が絶大な信頼を得ているのは、お肌の悩みが解消するだけではなく、施術後に自分の新しい魅力が生まれていることを実感できるからだと多くの患者さんが言います。

そんな朽木先生のカウンセリングは、もっと輝いて笑顔になれる治療は何かを見極めるために、患者さんの心やライフスタイルにも考慮して、お悩みにじっくりと向き合います。そうすることで、患者さん本来の美しさを損なわずに新しい魅力を引き出す治療方法は何なのかを導き出すのだそうです。

先生のコメント

「肌が輝けば、心も輝く!」をモットーにしています。

ただ単に患者さんの求めるままの治療を行うのではなく、個性に適した、デリケートな治療が行えるように、これまで治療の技術を磨いてきました。心やライフスタイルも考慮しながら、さらに輝いた笑顔になれる治療をプロとして提案します。

オザキクリニックの他院修正

オザキクリニックでは他院の修正も行っています。他院で治療された方の中では、「凸凹になってしまったので、修正してほしい」というお悩みのお持ちの方が多いようです。

もともとヒアルロン酸は体内に吸収されるものではありますが、気に入らない形で過ごすのは辛いのでオザキクリニックに相談してみるのがいいでしょう。ちなみに、価格は43,200円で受けられます。

オザキクリニックのヒアルロン酸注射について

オザキクリニックでは使用するヒアルロン酸は高品質なものに限定。症状や目的、要望に沿って最適なヒアルロン酸を選び抜いて使っています。例えば、柔らかいタイプのヒアルロン酸は目元のシワなどデリケートな部位に、硬いタイプのヒアルロンさんは深いシワを施術するときに用いられます。

それだけでなく、ヒアルロン酸はメーカーによって種類もさまざま。適応する部位を見極め、治療の内容を考慮した施術をオザキクリニックでは行っています。

ヒアルロン酸注射の価格(一部)

【顔全範囲】 3本まで 198,000円 6本まで 329,000円
【目の下】 1本(0.8ccまで)42,000円~52,000円(初回限定)
【涙袋形成】 1本 54,000円
【鼻形成、唇形成】 1本 59,800円
リバネッセ ウルトラ(麻酔入り) 1本(1cc)73,000円
リデンシティ-(麻酔入り) 1本(1cc)49,800円
リバネッセ ウルトラ(麻酔入り) 1本(1cc)73,000円
スタイレージXL(麻酔入り)、RHA 2(麻酔入り) 1本(1cc)89,000円
レスチレン ヴィタールライト(麻酔入り) 1本(2cc)86,400円

オザキクリニックのヒアルロン酸注射のポイント!

【経験豊富な医師がヒアルロン酸注射をオーダーメイド】

ヒアルロン酸注射は、適切なヒアルロン酸の量や種類、どの部位に注入するかが患者によって異なります。年間症例数30,000件以上をほこるオザキクリニックでは、確かな技術を持った経験豊富な医師が、最適なヒアルロン酸の注入方法を選択。患者のニーズに合わせた注入方法を選んでくれますよ。

【ヒアルロン酸の品質を重視】

ヒアルロン酸には様々な種類があります。ほうれい線や目元のシワなど、部位によって最適なヒアルロン酸は変わるもの。オザキクリニックでは、10種類以上のヒアルロン酸の中から、最適な種類を選んでくれます。また、使用するのは有効性が高いもののみ。麻酔入りタイプもあるので、痛みを抑えることもできます。

オザキクリニックで取り扱っているヒアルロン酸の種類

「リバネッセ」シリーズ

リバネッセ

「リバネッセ」は従来のヒアルロン酸よりも高い濃度を持ち、施術に用いると約1.5~2倍の持続力のある製品。シワ改善だけでなく肌をみずみずしく導いてくれる効果があり、注入の際は痛みが少なくいのが特徴。ほかのヒアルロン酸に比べてやや硬めのタイプ。料金は68,000円(1本/1cc)です。

リバネッセ ウルトラ

「リバネッセ ウルトラ」は「リバネッセ」シリーズの1種。リバネッセよりもさらに硬めのテクスチャーで、持続力があるのもポイント。深いシワのほか、眉間のシワ、鼻や唇の施術にも適用可能です。麻酔が配合されているので痛みを和らげる作用も。料金は73,000円(1本/1cc)です。

「リデンシティ」シリーズ

リデンシティー

非常に柔らかいタイプのヒアルロン酸で、アミノ酸・ミネラル・ビタミンなど10種類を超える成分が配合。小ジワや肌のくすみの改善、美肌効果などに適用されます。痛みを和らげる麻酔が入っており、料金は49,800円(1本/1cc)。3回コースなら110,000円です。

リデンシティー

柔らかいゲル状のテクスチャーで、デリケートな目元の治療を目的に開発された高濃度のヒアルロン酸です。アミノ酸やミネラル、抗酸化剤などの成分がバランス良く配合され、痛みを軽くする麻酔が含まれています。特に、目のクマの原因、目元のくぼみに張りを持たせるのに有効。値段は69,000円(1本/1cc)

クレヴィエル

これまでのヒアルロン酸の濃度を2倍以上に高めた製品。しかも分子も高密度なため、硬さがありながら粘性も弾力も強いのが強いのが特徴です。 鼻やアゴの形成の利用に優れており、自然で美しいラインを作り上げることができます。値段はクレヴィエル1本/1ccで89,000円。

「ニューラミス」シリーズ

ニューラミスライト

動物由来のものを排除した純度の高いヒアルロン酸の分子を精製し、特許技術で製造。原材料の100%を日本製で作り上げた、持続性を持ったなめらかで組織になじみやすい製品です。適用部位は涙袋や目の下、唇と浅いシワなど。値段は61,000円(1本/1cc)です。

ニューラミスディープ

ほうれい線を始めとしたの深いシワや、頬のボリュームアップには、ニューラミスライトよりも硬いヒアルロン酸タイプのニューラミスディープが適しています。その持続期間は一般的に6か月から1年程。ただし個人差があり、特に初めての注入の場合だと効果は短くなる傾向が。

オザキクリニックの基本情報

所在地 LUXE新宿院 東京都新宿区歌舞伎町1-1-17 エキニア新宿7F
目黒祐天寺院 東京都目黒区祐天寺2-8-16  K・I・Tビル1F
羽村院 東京都羽村市富士見平1-18 羽村団地24-1
アクセス LUXE新宿院
JR「新宿駅」東口より徒歩5分
東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」より徒歩5分
目黒祐天寺院
東横線「祐天寺駅」東口より徒歩5分
羽村院
JR青梅線「羽村駅」東口から徒歩20分
JR青梅線「羽村駅」東口にてバス乗車、バス停「東台(あずまだい)」より徒歩 3分(羽村団地1号棟前)
診療科目 美容皮膚科、美容外科
診療内容 ヒアルロン酸注射、たるみ、シワ、シミ、ニキビ、美容整形など
診療時間 LUXE新宿院 (平日)11:00~20:00 (土曜・日祝)10:00~18:00 羽村院 (平日)9:00~12:30、14:00~19:00 (土曜)9:00~17:30
休診日 LUXE新宿院 木曜 目黒祐天寺院 水曜 羽村院 日曜
電話番号 0120-565-449

アケミの総評

アケミ
東京に3院あるオザキクリニックは日本で初めての機器を導入したり、さほど施術の知名度がない段階で新しい治療を導入している印象があります。ヒアルロン酸注射をここで打ったことはないですが、質の良いヒアルロン酸製剤を使っていることがオザキクリニックのHPを見てもとってもわかります。他院修正も積極的に行っているので初めてヒアルロン酸注入を行う人も、形を修正したい人も気軽に相談してみましょう。
ヒアルロン酸注射安心して任せられる!仕上がりと安全性を両立する名医達を紹介
       

ヒアルロン酸注射の
クリニック特集

Theoryクリニック

Theoryクリニックの筒井裕介院長

筒井 裕介院長

料金: 1本
43,200円~(税込)

引用元:Theoryクリニック
https://theory-kumatarumi.com/message/

オザキクリニック

オザキクリニックの小崎有恒院長

小崎 有恒院長

                   
料金:1本(0.8cc)
100,000円~(税抜)

引用元:オザキクリニック
https://www.ozaki-clinic.com/doctor/ozaki.html

タカミクリニック

タカミクリニックの高見院長

高見 洋院長

料金: 1本
100,000円~(税抜)

引用元:タカミクリニック
https://www.takamiclinic.or.jp/about/director.php

関連ページ一覧