ダウンタイムはどれくらい?

ダウンタイムの腫れに悩むアケミ

美容整形やプチ整形でよく耳にするのが、ダウンタイムという言葉。そもそもダウンタイムとは、美容外科での治療全般における術後経過のことを言います。

体に針やメスを入れると、患部に腫れや赤みなどの何らかの症状が出ます。「この症状は自然な術後経過であり、この期間はなるべく自宅で安静にして下さいね」というのがダウンタイムなのです。つまりキレイになるまでにかかる時間といったものですね。

ヒアルロン酸注射のダウンタイムとは

クリニックによって伝えられる内容に多少の差はありますが、一般的にヒアルロン酸注射では、以下の期間、ダウンタイムをみておくと良いとされています。

腫れ・赤み

約2~3日程度。唇の場合は1週間ほど

術後は注射によって患部に軽い腫れや赤みが出ることも。たいていは2~3日もあれば治まりますが、唇の場合のみ、腫れると戻るのにやや時間がかかるそう。

内出血

1~2週間程度

ヒアルロン酸注射でとくに多いとされるのが内出血。どんなに熟練した腕の医師であっても、注射針を刺した際に毛細血管が傷つくことがあり、これによって内出血が起こります。基本的には1週間程度で治まることが多く、お化粧でごまかせばバレない程度とのこと。真っ黒になるような内出血が起こった場合は、念のため医師に相談しましょう。

むくみ

1~2週間程度

ヒアルロン酸には、もともと水分を保つ特性があります。肌に注入した部分のヒアルロン酸が水分を集めることにより、むくみが生じます。むくみは数日で解消されますが、目元がむくんでしまうと顔の印象を変えてしまうため、直近に大事なイベントを控えている人は、イベントが終わってから施術を受けるか、イベントの前に施術するのは避けたほうが良いでしょう。もし顔がむくんでしまった場合、むやみにこすらず、時間が経過するのを待ちましょう。

若干の違和感・異物感

2~3週間程度

ヒアルロン酸は、人の体にも存在する成分です。しかし、今までヒアルロン酸がなかった部分に入ってくるため、施術中~数日違和感を感じるかもしれません。慣れてしまえば問題ないのですが、中には慣れるまでに1ヵ月以上時間がかかる人もいます。特に涙袋の場合だと、笑ったり目を細めたりしたとき、目の下に異物感を覚えると思います。しかし、痛みとは別物になるため、徐々に慣れていくしかありません。

鈍痛

施術を行なう前に注射針の痛みを軽減させるため、麻酔クリームや部分麻酔を使用することがあります。しかし、施術後には痛みがでるケースも…。その理由には、肌に注入されたヒアルロン酸が皮下で移動してしまうためです。このとき、打撲のような鈍い痛みがでます。痛みは2~3日続く場合もありますが、時間が経過するにつれて痛みは徐々に引いていくでしょう。

また、ヒアルロン酸の製剤によっては、製剤自体に麻酔が含まれていることもあるため、施術前の麻酔クリームが切れてしまっても、痛みが軽減していることがあります。

美容オタク・アケミの総評

アケミ
基本的にヒアルロン酸注射にはダウンタイムがほとんどないと言われていますが、人によっては腫れや内出血が出ることがあります。これらの症状が出た場合でも1週間以内に回復する人が多いようです。万が一のことを考えると、治療後10日くらいは、大事な約束は入れないのが良いかもしれません。ただし、腕の悪い医師だと内出血や腫れが起こる可能性はぐんと高まるので、医師選びは慎重に行うことがダウンタイムをなくす秘訣とも言えます!
ヒアルロン酸注射安心して任せられる!仕上がりと安全性を両立する名医達を紹介
       

ヒアルロン酸注射の
クリニック特集

Theoryクリニック

Theoryクリニックの筒井裕介院長

筒井 裕介院長

料金: 1本
43,200円~(税込)

引用元:Theoryクリニック
https://theory-kumatarumi.com/message/

オザキクリニック

オザキクリニックの小崎有恒院長

小崎 有恒院長

                   
料金:1本(0.8cc)
100,000円~(税抜)

引用元:オザキクリニック
https://www.ozaki-clinic.com/doctor/ozaki.html

タカミクリニック

タカミクリニックの高見院長

高見 洋院長

料金: 1本
100,000円~(税抜)

引用元:タカミクリニック
https://www.takamiclinic.or.jp/about/director.php