ヒアルロン酸注射・注入の名医はココ! >  ヒアルロン酸注射について知っておきたい基礎知識 >  スーパーヒアルロン酸って何?

スーパーヒアルロン酸って何?

スーパーヒアルロン酸注射の効果に悩むアケミ

スーパーヒアルロン酸とは、ヒアルロン酸の効果を人工的に2倍にグレードアップさせた最新の成分です。通常の2倍の保水力があるだけでなく、分子が細かく作られているので、肌なじみが良く、角質層の奥にまで浸透する優れもの。長時間にわたって潤いが保てるので、即座にもちもちの潤い肌が期待できるようですよ。

スーパーヒアルロン酸とは

スーパーヒアルロン酸の正式名称は「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」といいます。

化粧品メーカーによって作られた成分で、通常でも高いヒアルロン酸の保水力を更に高めたもの。粘り気が少ないのにも関わらず、角質にぐんぐん浸透し、保水してくれるのが特徴です。

浸透性に優れているものの、通常のヒアルロン酸より付け心地はさっぱり。ベタベタせずにスーッと肌に馴染み、長時間にわたって肌の水分量をキープしてくれる優れた成分です。

水分量を一定に保てる

ヒアルロン酸はもともと原子の集団である「水酸基」を持っています。その「水酸基」を別の物質である「アセチル基」に変換するとスーパーヒアルロン酸になるのです。

水に混ざりやすく溶けやすい「親水性」と、持つ水に溶けにくく混ざりにくい「疎水性」の両面性を持つことになります。それによって、空気中に存在する湿気に左右されることなく、水分量を一定に保つことができるのです。

スーパーヒアルロン酸には危険性も?

スーパーヒアルロン酸は、もともとヨーロッパで開発されて人気を博した成分です。ブームは世界中に広がって、化粧水、クリーム、美容液、リップクリームなどにも使われていたそう。

美容整形の注入にも使用されていましたが、各国でトラブルが相次ぎ、訴訟問題にまで発展したようです。

この事故の原因とされているのが、スーパーヒアルロン酸とは名ばかりの違う成分が使われていたため。

一時期、ヒアルロン酸にアクアミッド、ダーマライブなどの危険性の高い成分を足しただけのものが出回り、これをスーパーヒアルロン酸と呼んでいた時期があったようです。

スーパーヒアルロン酸のリスク ダーマライブ

スーパーヒアルロン酸は比較的安全性が高い注入物ですが、場合によっては注入後にトラブルが発生する場合があります。

スーパーヒアルロン酸の中でもダーマライブという製品は、通常のヒアルロン酸にHEMAとハイドロキシメチルメタクリレートという粒子を混合させたもの。このHEMAが入っていると、注入後に異物反応が出て赤く腫れ上がってくることがあるのです。

腫れた後に肉芽組織ができ、皮膚が硬くなってしまいます。治療で修正することも可能ですが、皮膚に張り付いている状態だとなかなか取りづらく、高い技術力が必要です。

プチ整形だからといって注入成分を見ずに施術を受けてしまうと、失敗を招く恐れがあります。ヒアルロン酸やコラーゲン100%の注入であれば特に問題ないものの、異なる物質を混ぜて体へ注入する治療は安全性を確認したうえで注入するようにしましょう。

甘い言葉に騙されないで!怪しいものには手を出さないのが安全

スーパーヒアルロン酸に関しては、「注入してから数年後に固いふくらみができた」といった日本でもトラブルが報告されています。

素人目には、スーパーヒアルロン酸に本物のアセチル基が使われているかなんて調べようがないですよね。(聞いたとしても、国に認可されていないのでそもそもクリニック側が証明できないそう)

体内に戻ると言われているヒアルロン酸ですが、偽物の成分であれば体内に留まり、数年後に後遺症として現れる可能性もあります。

スーパーヒアルロン酸に限らず、無許可や無認可の成分を取り扱うクリニックは避けるのがベスト。怪しいものには手を出さないのが一番です。

せっかくの美容注射で体を傷付けてしまっては元も子もないですから、甘い言葉にはだまされず、しっかりと情報収集は行って下さいね!

日本で扱われているスーパーヒアルロン酸注射の種類

トラブルやリスクは付き物とはいえ、日本でもあらゆる美容クリニックでスーパーヒアルロン酸が使用されています。ドイツやフランス、デンマークやスイスなどあらゆる国で使用されています。

そんなスーパーヒアルロン酸の中でも日本で使われているスーパーヒアルロン酸の種類を紹介します。

アクアミッド

ヨーロッパで生まれた医療用ジェルであるアクアミッド。鼻や顎、シワやくぼみへ注入し、若々しい顔を作り出すことができます。

成分の97.5%が水で、残りの2.5%がポリアクルアマイドという、コンタクトレンズに使われている硬質なジェルでできているのが特徴です。

今までのヒアルロン酸注射は体内に吸収され、時間が経つと元の状態に戻るものがほとんどでした。しかし、アクアミッドは半永久的に存在するほど持続力が高く、体内へ吸収されたとしても70%は残存。注入したときと変わらない美しさを保つことができるのです。

アクアミッドはアレルギーを発症する確率が低く、今のところ全世界でゼロといわれています。水とポリアクルアマイドはアレルギーが反応する要素がないほか、臨床報告もありません。

それによってアレルギーテストを受けずに注入可能です。もちろん、副作用もないため安心して注入できます。治療後は洗顔や化粧などをすぐに対応することができますよ。

ヒアルロン酸注射安心して任せられる!仕上がりと安全性を両立する名医達を紹介