ヒアルロン酸注射・注入の名医はココ! >  じつはスゴイ!ヒアルロン酸注射の効果 >  あごへのヒアルロン酸注射

あごへのヒアルロン酸注射

あごに悩む女性の画像

顎が引っ込んでいたり、短かったりするとのっぺりとした顔に見えます。逆に顎の先がシャープに尖っていると、顔の輪郭が際立ち、整った顔という印象を与えることができます。

顎の形を整えるには骨を切る整形手術があるのですが、体力と時間、費用も掛かります。骨を削ったりプロテーゼをいれると考えるだけで引いちゃう人もいますよね。一方、ヒアルロン酸注射であれば、そんな大がかりなことをしなくても手軽にシャープな顎を手に入れることができます。

ヒアルロン酸を注射することで、顎をほっそり見せる、顎の割れている部分を目立ちにくくすることが可能です。

顎のヒアルロン酸注入の施術方法

顎へのヒアルロン酸注入は、美しいEラインを短時間で手に入れることができるため、とても人気のある施術です。

ヒアルロン酸注入で顎を整える場合は、理想的なEライン(鼻先と唇の先端と顎先を結んだライン)ができるように顎の先を中心に注入します。医師の腕の見せ所ですが、顎の形を整えながら数回に渡ってヒアルロン酸を注入します。

顔の輪郭を逆三角形のようにすることで、小顔効果も期待できます。ただ、注入の量が多すぎると、しゃくれ気味の顎になってしまう可能性もあるので、医師としっかりカウンセリングして、自分の希望をしっかりと伝えるようにしましょう。

ヒアルロン酸を打つ箇所は希望の仕上がりにあわせてデザインします

顎の先はデザインに融通が利きますが、ヒアルロン酸の入れ方や入れる箇所によって仕上がりの印象が大きく変わります。自分の希望と骨格にあわせて、デザインしながら注入していきます。

顎が後ろに引っ込んでいる方

顎の下側にはヒアルロン酸を注入せず、前部分のみにヒアルロン酸を注射します。顎の下にヒアルロン酸をいれると、入れ方によっては面長の印象になることもあるため、バランスよく今よりも顎を出したいという方に人気の方法です。

顎自体が小さい方

顎が全体的に小さい人には斜め下にヒアルロン酸を注入します。顎自体が小さいと、ヒアルロン酸を前に入れるだけでは、短い顎が前にでているように見えるため不自然になります。斜め下にヒアルロン酸をいれることで、長さも出せますし、横顔がシャープな印象、小顔な印象に仕上げられます。

顎が短い方

顎が短い方は、顎の下にヒアルロン酸を入れます。下側にヒアルロン酸をいれることで、丸顔で幼い印象を持たれやすい顔からシャープな印象を与えることができます。

顎へのヒアルロン酸注入 施術当日の流れ

ヒアルロン酸注射を行う場合の、細かい施術方法や施術の流れについてご紹介しています。

  1. カウンセリング

    カウンセリングで遠慮せず自分の希望を伝えましょう。どのような仕上がりにしたいのか、できるだけ詳しく説明する必要がありますが、イメージを言葉で伝えるのは難しいので参考にしているタレントさんの写真などを持参するのもよいかもしれません。費用や副作用、わからないことがあれば何でも質問して、あらかじめ相談しておきましょう。現在、内服しているお薬がある場合も忘れずに申告しておきます。

  2. 麻酔

    病院によって麻酔の方法はさまざまで、表面的な麻酔クリームからがっつり痛みをなくすブロック注射、局所麻酔まで多種多様です。どの麻酔も15~30分で効いてきます。また、麻酔入りのヒアルロン酸もあります。

    顎へのヒアルロン酸注射は痛みに強い方以外、麻酔した方が無難です。

  3. 施術

    施術にかかる時間は15分程度ですが、医師が注入箇所を整え変化を確認しながら理想に合わせて顎を作っていきます。注入中にも鏡で顎の状態を確認しながらヒアルロン酸を注入し思い通りの状態を確認出来たら終了です。

  4. 施術後

    ほとんどの場合、ヒアルロン酸注入はダウンタイムがありませんので施術当日から、メイクもシャワーも可能とされています。もしも腫れや痛みがあれば、様子をみてどんどんひどくなる場合は相談しましょう。

ダウンタイムについて

ヒアルロン酸注射のダウンタイムは、ほとんど無いと言われています。もちろん個人差がありますので、麻酔が切れたときにかすかに痛みを感じるという方や、数日のあいだは顎に違和感のある方もいるようです。

内出血や腫れが出てしまった場合でも、通常であれば2~3日で消失します。外出できなくなるような腫れ方はしないですし、顎の場合、気になる方はマスクで隠せます♪

内出血

ヒアルロン注射による内出血が出る場合は、直後~3日程度に発生します。内出血した部位は青黒いあざが生じ、3〜4日程度であざがだんだんと薄れて黄色く変色して1~2週間たつと自然に消えます。針のサイズが大きいものや、先が尖った針で注入すると内出血のリスクが高くなります。

また、治療後の肌はデリケートになっていますので少しの刺激で青あざができてしまうことも考えられます。顎への刺激を避けて、触れないように注意しましょう。施術後は何もなくても、お酒や入浴も血行をよくしてしまうので、内出血が急に出るなんてこともあります。

鈍痛

顎のヒアルロン酸注射の痛みは軽いものがほとんどですが、どうしても心配な方は、痛み止めを処方してもらうことができます。また、注入直前から冷やすのも有効なようです。

注入直後に気を付けること

頬杖をつく天使の画像

顎にヒアルロン酸をいれたあと、しばらくは強くこすったり、圧力をかけないようにしましょう。

施術中、綺麗に成形してもヒアルロン酸が定着していないので、頬杖をついたりうつむきで寝たりすると形が変わってしまうことがあります。気を付けましょう。

顎へのヒアルロン酸の料金相場

多くのクリニックでは、ヒアルロン酸の価格を1本売りで表示しているようです。ほとんどの場合1本1㏄で、料金の相場は7万円です。顎へのヒアルロン酸注入に必要なヒアルロン酸は0.6㏄~1.2㏄のところが多いので、料金の相場は4~12万円です。

顎にはヒアルロン酸をどのくらいの量いれるの?

あごに悩む女性の画像

美しく理想的な顎のラインを作るのに必要なヒアルロン酸の量は、一般的には1cc程度と言われていますが、多い方の場合は2cc程度。これは、顔に合った注入量の個人差やデザインによって使用する量に違いがあるためです。

持続期間はどれくらい?

あごに悩む女性の画像

顎のヒアルロン酸注入は、ダウンタイムもなく手軽にフェイスラインを綺麗にすることができますが、もともと体の中にある成分なので代謝により体内に吸収されていきます。もちろん個人差もありますが注射から数か月で吸収が始まり、その後も徐々に吸収されなくなってしまします。

ヒアルロン酸注射に使われるヒアルロン酸にも、さまざまな種類があり、それぞれヒアルロン酸の持ちも違いますが、顎に使用するヒアルロン酸は粘度と硬さがあるものを使用することが多く持続期間は6~8か月と言われています。

顎によく使われるヒアルロン酸製剤の種類は?

ヒアルロン酸の種類は1種類ではありません。注射を行う場所によって粒子の大きさや硬さの違うヒアルロン酸を使い分けています。

顎に使われるヒアルロン酸製剤にもとめられる品質は、粒子が大きく顔の輪郭の補正を可能にする硬さが重視され、さらに効果が持続するヒアルロン酸です。顎によく使われるヒアルロン酸製剤を紹介しています。

クレヴェイルコントア

欧米のメーカーのヒアルロン酸製剤とは全く違うコンセプトにより、東洋人特有の輪郭形成のニーズのために開発された、韓国のAESTRA社のヒアルロン酸製剤です。

輪郭形成に特化したヒアルロン酸で、ヒアルロン酸史上もっとも高濃度、高密度とされています。そのため今までは難しいとされていた施術にも使用できるようになったそうです。

密度が濃いためヒアルロン酸の分解にかかる時間も長く、ほうれい線への注入試験では2年間も持続したという報告もあり、変形も少ないため鼻筋なども先端まで形を整えることが可能と言われています。

また、架橋剤(かきょうざい)と呼ばれるつなぎをほとんど含まない純正に限りなく近いヒアルロン酸なので、腫れやむくみ、アレルギー反応なども少ないそうです。

スキンプラス

流通しているヒアルロン酸の中で最も硬いといわれており、3年以上持続すると製造会社が公表するほど、持続期間が長いことが特徴のヒアルロン酸です。

また炎症の原因となる異物をなくした純粋なヒアルロン酸をクロスリンクという技術で粘度を高め、ヒアルロン酸の横に広がる特徴をなくすなどの改善をしたことで鼻やあごの治療に適したヒアルロン製剤となっているようです。

従来のヒアルロン酸に比べてヒアルロン酸が硬いので、理想のフェイスラインをつくりやすいことなどが人気のようです。

顎へのヒアルロン酸注入の基本情報まとめ

ここでは顎へのヒアルロン酸注射の特徴をまとめてみました。

持続効果 6~8ヶ月程度
施術時間 約10~30分
ダウンタイム 内出血の可能性あり
相場 7~12万円程度

下手な医者にあたると…顎の失敗例

ヒアルロン酸自体は、もともと体に存在する成分ですから特に危険ということはありません。手軽な治療ですが、リスクが無いというわけではありません。

実際に発生した顎のヒアルロン酸注入の失敗例を参考にして、そうならないために気を付けなければならない注意点をまとめてみました。手術に比べれば安全な印象のあるヒアルロン酸注射ですが、医師の技術が不足していると不自然な仕上がりになってしまうことも。期待した思いどおりの効果が得られないというケースがあります。

リスク回避のためには、経験が豊富な医師に施術してもらうこと

美容クリニックの公式サイトには医師の経歴や施術実績なども書かれていることが多いので、そういった情報を参考にして見極めましょう。

また、もしもの時のアフターケアの体制が整っていることも大切ですので公式サイトだけでなく、カウンセリング時に確認し、スタッフの対応や院内の様子も参考したほうがいいですね。

他の施術との違い

ほっそりとしたシャープな顎になるために手軽に行えるのがヒアルロン酸注射ですが、そのほかの施術を紹介していきます。

ヒアルロン酸VSレディエッセ

ヒアルロン酸注射と同様に、ハイドロキシアパタイトを注入することによって顎のボリュームを出すレディエッセという注射もあります。

ヒアルロン酸と異なる特徴は、骨と近い成分であるということくらいです。成分が違うだけで、基本的な施術の流れは同じです。

ヒアルロン酸VSプロテーゼ(インプラント)

ヒアルロン酸はいつでも簡単に行えて、すぐに効果が出ますが、徐々に吸収されていくという特性がデメリットだといわれています。一方、プロテーゼ(インプラント)であれば半永久的な効果がありますが、仮に気に入らない結果になれば再び切開をして傷を作り大掛かりな修正手術が必要になります。プロテーゼは、特に美容整形の初心者からすると抵抗がある方も多いはずです。患者さんの中には、ヒアルロン酸で一回試してみて、形が気に入ったらプロテーゼを入れる方もいるそうですよ。

ヒアルロン酸VS骨きり前方術

顎は理想のフェイスライン作りには重要なポイントなので、形や大きさなどの悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。骨きり前方術は、顎の先(オトガイ)を骨切りして前方へ移動させることでアゴを強調させ半永久的に顎の形を維持したい方におすすめの方法です。

施術は全身麻酔下でおこない所要時間は1時間程度。全身麻酔なので施術の痛みは感じません。入院治療はありませんが2~4週間ほどのダウンタイムが必要になります。

顎の形を整えることで理想のEライン(エステティックライン)にする方法は、いくつかあるのですが、ダウンタイムなどが無く整形したことを知られたくないという方は手軽に受けることができるヒアルロン酸注射がよいかもしれません。

しかし注入したヒアルロン酸は数カ月から数年で吸収され元に戻ってしまいますので定期的にヒアルロン酸注射をする必要があります。

アケミの総評

アケミ
私で調べた「顎へのヒアルロン酸注射」を以上まとめました!ヒアルロン酸注射はプロテーゼより安全といえど、内出血があったり、むくみ、しこりが発生したり、副作用が出ないわけではありません。私も顎にコンプレックスがあるので、結構真剣にクリニックを選んでるところなの。顎のヒアルロン酸は、硬めの製剤を使われているみたいで、持続期間も1年とほかのヒアルロン酸よりは効果が長めみたい!
あご以外のヒアルロン酸注射の効果も知りたい方はこちら
ヒアルロン酸注射安心して任せられる!仕上がりと安全性を両立する名医達を紹介