ヒアルロン酸注射・注入の名医はココ! >  じつはスゴイ!ヒアルロン酸注射の効果

じつはスゴイ!ヒアルロン酸注射の効果

ヒアルロン酸注射でできること

アンチエイジングから鼻筋や涙袋の形成まで様々な悩みに対応できるヒアルロン酸注射ですが、具体的にどういった効果があるのか見ていきましょう。

老け顔を撃退する効果

シワやたるみなど、加齢によるどうしようもない現象。そしてなおかつお化粧でも隠せないっていうのが本当に困るんですよね…。

よく化粧水なんかに「ヒアルロン酸配合」なんて文字よく見かけますよね。この成分はもともと人体に存在し、主に真皮・関節・眼球の硝子体などに含まれています。

ヒアルロン酸注射は注射で物理的にヒアルロン酸を注入することで、しわになっている皮膚を持ち上げる施術です。また、成分自体に保水力があり、肌をプルンとさせたり、弾力性のある肌によみがえらせることが期待できます。その保湿効果により、シワを軽減させ、肌にハリとツヤを与えてくれます。

ほうれい線へのヒアルロン酸注射を体験

ほうれい線にヒアルロン酸注射している画像

肌のハリが失って目立ってくるほうれい線。特にほうれい線は老け顔の象徴なので、ヒアルロン酸注射のなかでも20代から60代まで幅広く人気の施術になっています。

ヒアルロン酸注射の施術方法や症例、ダウンタイムや相場について実際の体験をもとにまとめています。どんなふうにほうれい線にヒアルロン酸をいれるのか写真で実際の施術をダイジェストでご紹介します。

>>ほうれい線へのヒアルロン酸注射について詳しく見る

目元のたるみ・クマへの効果

老いとともに目立つ目の下のたるみやクマ。ヒアルロン酸注射の施術方法、ダウンタイムやお手本になる30~40代の女優の目元についてまとめています。また、ヒアルロン酸注射で解決できるクマにも種類があるので自分のクマがヒアルロン酸注射に向いているかも確認してみましょう。

>>目の下へのヒアルロン酸注射について詳しく見る

ふっくら頬への効果

他の部位と比べて案外意識しにくい頬。年をとるにつれて頬がこけてしまうと老けた印象を加速させてしまいます。ヒアルロン酸注射は頬に対しても注入できます。頬へのヒアルロン酸注射の施術方法や効果、相場、リスクなど見ていきましょう。

>>頬へのヒアルロン酸注射について詳しく見る

眉間や口元、目元のシワへの効果

怒っているという印象を与える眉間のシワや老けた印象を与える口元や目元のシワができるメカニズムと、ヒアルロン酸注射による解消方法をご紹介。それぞれのシワに特化したヒアルロン酸注射の概要を説明していきます。

>>シワへのヒアルロン酸注射について詳しく見る

また、加齢でヒアルロン酸が不足すると関節痛になってしまうことが多く、実は医療機関で関節痛を和らげる方法としても活用されているんですよ!

関節痛への効果

美容だけでなく、加齢によるつらい関節痛も和らぐ効果のあるヒアルロン酸注射。ヒアルロン酸と関節の密接な関係についてご説明します。

>>関節痛改善のヒアルロン酸注射について詳しく見る

気になっていた部分も改善できる効果

加齢だけでなく、「もう少し鼻が高ければ」「もう少し胸が大きければ」「もう少し唇がふっくらしていれば」など、もう少しボリュームをもたせたい! という時にも直接ヒアルロン酸を注入する方法は大活躍してくれます。

鼻への効果

のっぺりとした顔は低い鼻が原因であることも。ヒアルロン酸注射によって大がかりな手術をすることなく鼻を高くできます。プロテーゼを入れるよりもリスクが低く数分で鼻筋を作ることができます。施術方法や相場、リスクをわかりやすくご説明します。ヒアルロン酸注射に向いていない鼻の悩みもあるのでヒアルロン酸注射で解決できるのかも確認しましょう。

>>鼻へのヒアルロン酸注射について詳しく見る

涙袋形成の効果

女性らしいかわいい目元を作るために、涙袋へのヒアルロン酸注射についてご説明します。他の部位への注射とはちょっと違う点も解説。涙袋に入れるヒアルロン酸の量や相場、症例などご説明したいと思います。

>>涙袋へのヒアルロン酸注射について詳しく見る

唇への効果

唇にヒアルロン酸注射をすることで、セクシーでぷるぷるの唇が手に入る驚きの効果をご紹介します。唇特有のヒアルロン酸注射の注入方法や持続期間、相場、症例などお見せします。

>>唇へのヒアルロン酸注射について詳しく見る

顎への効果

顎用のプロテーゼなどメスをいれる整形手術と比べてもハードルが低く感じるヒアルロン酸注射。横顔にコンプレックスを抱えている日本人は結構多いんじゃないでしょうか。顎へのヒアルロン酸注射の相場、施術方法、安全性など検証してみました。

>>顎へのヒアルロン酸注射について詳しく見る

おでこへの効果

女性らしさを醸し出せるのは実は丸みのあるおでこ。おでこがまっすぐだったり、でこぼこだと男性的な印象を与えてしまいます。おでこへのヒアルロン酸注射はちょっと特殊なので、その施術方法や相場、他の施術との比較をまとめてみました。

>>おでこへのヒアルロン酸注射について詳しく見る

胸への効果

ヒアルロン酸注射は顔だけでなくバスト二も注入することができます。シリコンを入れるような豊胸手術と比べて手軽にできるのもポイントです。ヒアルロン酸注射を入れる箇所によって、出来上がりを比較的自由に変えられるのもヒアルロン酸注射の魅力です。

>>バストアップするためのヒアルロン酸注射について詳しく見る

ヒアルロン酸注射でできないこと

ここまでヒアルロン酸注射で改善できることについてお話してきましたが、できないことについても把握しておきましょう。

リフティングはできない

ヒアルロン酸注射はシワやたるみ、その影によってできる目の下のクマなどを目立たなくできます。 ただ、皮下からヒアルロン酸で埋めている施術になるため、垂れた皮膚(たるみ)を持ち上げているわけではありません。 よく手でたるんだ部分やシワを上に持ち上げている方がいますが、ヒアルロン酸は顔全体を上にあげることはできないということを知っておきましょう。

永久ではない

いざ、理想的な鼻や顎、唇を手にできたとしても持続できるのは数ヶ月です。ヒアルロン酸は人間が元から持つ成分のため、体内に吸収されたり広がったりして徐々に元に戻ります。ヒアルロン酸の種類によって、維持期間は変わって来るので、気になる方はカウンセリング時、医師にしっかり確認しましょう。

また、ヒアルロン酸を打った状態を維持したい場合は、定期的に注射するか、別の施術を行う必要があります。人によっては、鼻にプロテーゼを入れたいけれどもいきなりプロテーゼはハードルが高いので、一旦ヒアルロン酸でどうなるか確認する人もいるようです。

ヒアルロン酸注射安心して任せられる!仕上がりと安全性を両立する名医達を紹介