ヒアルロン酸注射・注入の名医はココ! >  美容オタク・アケミが解決!ヒアルロン酸注射Q&A >  内出血するって本当?

内出血するって本当?

ヒアルロン酸注射は、実は内出血を起こしやすい治療法

ヒアルロン酸注射で、術後の患部に腫れや赤みが出ることはよくありますが、実は内出血も治療後におきやすい症状と言われています。

皮膚が薄い目の下はおこりやすい

とくに内出血がおこりやすいのが、皮膚の薄い目の下[※1]。どんなに熟練した腕の医師であっても、注射針を刺した際に毛細血管が傷つくことがあり、これによって内出血が起こります。

最近では、内出血防止のために先の丸い針を使用するクリニックもあるようですが、それでも内出血がおきる可能性は完全にゼロにはならないようです。

治るまでは1~2週間ほど

内出血がおきると、患部の腫れも長引き、キレイに症状がおさまるまでに1~2週間ほど時間がかかります。大きさは様々で1mm程度のものから数cmの内出血ができることも…[※2]

ひどい場合はあざっぽくなります

内出血がひどい場合は、ヒアルロン酸の注入部分全体がアザのようになってしまうことがあり、治るまで長くて4週間かかります。アザっぽくなるので、化粧でごまかすのは難しくなります。1週間たっても赤みがひどいままだったり腫れたりしている場合は、内出血ではなく感染症の可能性があるので不安に思ったら早めに医師に相談してくださいね。

もしものことを考えて、大事な予定の直前は避けよう

もしも結婚式など大切な用事で人前に出なければならない予定があれば、少なくともヒアルロン酸注射を1~2週間以上前に受けることをすすめます。

そもそも内出血ができてしまうのはなぜ?

内出血は皆さん、生きていて1度はできてしまったことがあると思います。皮膚が青紫色になるアレです。ぶつけたときや注射したときにできるものですが、皮膚の内側で出血したものが内出血です。

ヒアルロン酸注射をした際にできる内出血は、注射針が皮下の血管にあたってしまったときにできるのです。

皮膚が厚いところや深いところで内出血が起こると、あまり目立ちませんが、皮膚が薄かったり浅いところでの内出血だと結構目立ちます。

そのため、皮膚が薄い目の下やほうれい線はよく内出血が起こることが多いというわけです。

逆に、皮膚が厚めで、皮膚の深いところにヒアルロン酸をいれる顎や頬は内出血が出にくいです。[※3]

確率は1/10と言われています

内出血を起こしやすい体質の方もいますが、通常は注射針が毛細血管を傷つけてしまうことが原因です。そのため、ベテラン医師が慎重に注射しても、10分の1程度の確率で生じてしまうと言われています。

もしできても、内出血は失敗ではないので安心して!

どんなに腕のいい医者でも、私たちの皮下に無数にランダムに広がる血管をすべてよけて注射針を刺して、ヒアルロン酸を注入するのはほぼ不可能です。そのため、多少の内出血はヒアルロン酸注射では寛容になるしかありません。

ただし!とはいっても、経験のある医師は血管の構造や「こうなったら内出血しやすい」と分かっている人が多いので、なるべく避けるためには良い医師を選ぶのが無難といえるでしょう。

せっかく綺麗になって、1週間内出血を気にするのはやっぱり気分がいいものではないので!

術後直後に内出血していなくても、その日は油断禁物!

女性の画像

ヒアルロン酸注射の内出血で結構多い事例は、施術から時間が経って、内出血が出てしまうケース

例えば、ヒアルロン酸注射に行って、内出血が起こることもなく無事に終わったとします。その日の夜に、何もなかったと安心して、お酒を飲んだり長風呂したりしてしまうと急に内出血が表れてしまうことがあるのです。

施術後、少なくとも当日中はお酒は我慢しましょう。体を温めすぎるのも内出血が出てしまうリスクになります。

内出血を防ぐ方法はないの?

内出血は細かい毛細血管に注射針があたってしまうことでおこります。そのため完全に防ぐことはできません。ただし、少しでも内出血のリスクを下げる方法はあります。

内出血が広がる前に、施術直後によく冷やす[※4]

冷やすことで毛細血管が広がらず、血液が広がるのを防いでくれます。皮下の血液が広がると目に見える内出血の範囲が広がるので、よく冷やすことで内出血をおさえ、広がるのも抑えてくれます。

内出血の起こりにくい注射針を使う

ヒアルロン酸注射を打つ際に、針先が通常よりも細く丸いマイクロカニューレという針を使用しているクリニックがあります。内出血を抑えるために改良された注射ですので、こういった器具を使っているクリニックを選ぶのもリスク回避の一つでしょう。

体調を整える

体調を整えておくと、内出血のリスクを下げることができます。患者さん自身も「施術前は寝不足にならないようにしっかり睡眠をとる」、「施術後は飲酒や激しい運動をしない」といった心掛けが大切です。

内出血ができてしまった場合の対処法

もしもヒアルロン酸注射後に内出血ができてしまった場合の対処法をここからはご紹介します。

内出血の色は経過とともに変化します

内出血には段階(赤→紫→青→緑→茶→黄)があり、色の変化で段階がわかります。最初は血の色である赤、それからだんだん青黒くなってあざになります。あざはだんだん黄色っぽい状態になり、あとは肌の色に近づき吸収されてなくなれば無事に完治です。

内出血のごまかし方[※5]

いざ内出血ができてしまったら、メイクでごまかすのも一つの手です。結構ヒアルロン酸注射で内出血した人がブログで紹介してたりします。やり方は簡単!

内出血の箇所が赤っぽい時はブルー系ベースでメイクをしましょう。ブルー系の化粧品は下地やコンシーラーで手に入れられます。青っぽい時はオレンジ系の化粧品、治りかけの黄色の時はピンク系のチークやファンデーションでカバーしてあげるとごまかしやすいです。

内出血を早く治すには?[※4]

時間がたてば内出血は自然と治癒されていくものですが、できれば早く治したいですよね。

なるべく早く治すために必要なことは主に2つです。

初期段階の内出血はよく冷やしましょう。冷やすことで炎症を止められ、内出血の悪化を防ぐことができます。炎症が収まって患部が熱っぽくなくなったら、今度は温めて下さい。血行がよくなり治りやすくなります。

ただ、内出血の箇所が熱を帯びている段階でマッサージや血行がよくなる行為(お風呂や激しい運動など)は逆にひどくなってしまうのでやらないようにしましょう。

美容オタク・アケミの総評

以上、私が独自で調べた内出血についてまとめました!ヒアルロン酸注射で内出血がおきるかどうかは、注入する部位や運もありそうですね。目の下など皮膚が薄い箇所は内出血が目立ちやすいので、できやすいと言われています。もしも内出血ができてしまった場合、悲観することはありません。2週間くらい辛いかもしれないけど、絶対に治ります。自分の希望する部位が内出血が起こりやすい場所の場合や内出血が心配な方はドクターに事前に相談しておきましょう。
ヒアルロン酸注射安心して任せられる!仕上がりと安全性を両立する名医達を紹介